2012年11月5日月曜日

平成25年度埼玉県公立高校募集人数と進路希望状況競争倍率

10月末に出ました、平成25年度埼玉県公立高校募集人数と進路希望状況調査(10/1)の競争倍率をみてみました。
○募集人数
①越谷市内の高校の募集人数は、昨年度に増えた越谷西、東、南高校は40名減となり、越ヶ谷高校が40名増となりました。越谷北高校は変わらず。
②上位の浦和、浦和一女高校は40名増となり、大宮、春日部、不動岡高校は変わらず。
③近隣では、草加東、八潮南高校が40名増、蕨、杉戸、草加西、八潮、宮代は40名減となりました。
④新校の吉川美南高校は120名募集、定時制160名です。

○進路希望状況調査 (10/1)競争倍率
①越谷市内の高校の競争倍率は、越ヶ谷1.93、越谷北1.62、越谷北(理数)1.50、越谷西1.76、越谷東0.92、越谷南1.36、越谷南(外国語)1.50です。
②上位高校は、浦和1.38、浦和一女1.20、春日部1.24、不動岡1.41です。
③ 近隣の高校は、草加1.76、草加西1.30、草加東1.36、草加南1.34、春日部女子0.84、春日部女子(英語)0.58、春日部東1.25、松伏1.10、三郷0.97、三郷北1.04、八潮0.65、八潮南1.63、宮代0.72、吉川美南1.19です。
④競争倍率の高い順に、市立浦和3.04、市立川越2.88、大宮(理数)2.75、大宮2.45、上尾2.44、蕨2.39、浦和西2.25となっています。

前年との比較では、浦和、大宮高校の競争倍率の高さが目につきます。浦和高校は40人増でも前年よりも希望者が多く、前年の募集人数にすると1.5倍を越えます。大宮高校は現役東大合格者が増えているからと思います。募集人数を増やして欲しいです。
優秀な生徒さんが多い年なのでしょう。
楽しみな入試です。

越谷総合技術高校は、どの学科も希望者多いです。特に食品調理科は2.55と高いです。

☆詳しくは、「埼玉県総合教育センター」をご覧ください。
http://www.center.spec.ed.jp/index.php?action=pages_view_main&page_id=432

0 件のコメント:

コメントを投稿